ドヤ街寿町にも女性の姿はある。年配の方が多いが若い女性も少しだけいる。寿町には介護施設が多い。そこで働く寿町の外部から来ている人たちだろう。
 体感ではあるが街中ですれ違う人の1割くらいが女性だ。男性限定の簡易宿泊所もあるが女性が住める簡易宿泊所も多くあるのでもう少し女性が増えても良いようには思う。
 ただし女性専用の簡易宿泊所は見たことがない。若い女性からすれば防犯面で不安だろう。

 寿町は男の多い町であるがゆえに町中にはスナックが多い。スナックと介護施設は寿町の二大産業と言ってもいいように思う。寿町を歩く女性の姿は日中と夜で介護職の女性と水商売風の女性が交代する。スナックと介護施設という女性が活躍する仕事が寿町に無ければこの町は更に男だらけの町になるだろう。


 寿町には幼稚園が二つありそこに子供を預けるお母さん連中が街中を歩いていたり自転車で駆けていくこともある。寿町内には簡易宿泊所以外にも普通の賃貸マンションもあるので家族で住んでいる人もいる。道端で酒を飲む人や不法投棄されたゴミ山があったりする町だがそこに目をつむれば住むことに不自由はないと思う。家賃も周辺地域より安いのでそれが分かった上でこの町で暮らしているのだろう。外部から寿町にやってくる女性だけではなく少ないながらも寿町の内部で暮らす女性もいる。

 寿町に住んで半年以上が経ちドヤに出入りする女性の姿を何度か目にした。僕が見た人のなかには訪問介護の人もいるだろうが夜中の時間に出入りしているのは居住者に違いない。

 簡易宿泊所の前で数人がグループになって話をしている中に女性の姿を見かけることもある。ドヤ街に住む女性ということで色眼鏡で見てしまっている感はあるが皆たくましそうに見える。

 若い女性が住むには適さない町だとは思う。もう少し女性が増えても良いのにとは書いたが女性が住みやすい町だとは到底思えない。

 ドヤ街というのはそこに住む人以外からすれば無くても構わない物もしくは無い方が良い物だ。僕のような男にとってみればこの町は生きやすい町だが若い女性にとっては住みにくい町だ。
 住所を失っても寿町の簡易宿泊所なら住民票の取得が出来る。そこで生活保護の申請も出来る。それでもどれだけ困窮しようとこの町に住むくらいなら別の方法を探すという人もいるだろう。日本有数のドヤ街ではあるがドヤ街であるがゆえに社会で苦しむ人全ての受け皿になれないことに何か違和感を感じる。