僕の読書ツールは紙の本では無くアマゾンのキンドルだが僕はキンドルの読み放題サービスには加入していない。200万冊以上の本が月額980円で読み放題なのでかなりお得なのにだ。
 
 こういうサービスで良く使われる○○万冊読み放題だとか○○個の映画がありますとかいう数が僕は頭で想像できないのだ。そんなことを言われても僕にはその凄さが分からない。お前の読みたい本の大抵が読み放題だぞと言われた方が分かりやすい。200万という数字は大した物だと思うが僕の読まないジャンルの本が大量に読み放題だったとしても僕には何の恩恵もない。
 
 まず僕が普通にイメージするような本屋には何冊の本が置かれているのかも知らない。本屋何個分くらいの本が読み放題なのだろうか。小説の棚で言ったら何棚分の小説が読み放題なのだろうか。

 キンドル本を購入していると読み放題サービスなら0円と表示されている本を頻繁に目にするので結構な量なのだとは思うがそういった表示の無い本もそれなりにある。読み放題サービスに入ったら無料の本しか読まないようになって自分が本当に読みたいと思った本でも敬遠するという事も起こりそうだ。月額料金を払うことによって毎月の読書の出費は抑えられ今より多くの本を読むことにもなりそうだが自分の感性で選んだ本を遠ざける原因にもなる。読まなければいけない本なんて世の中そんなに多くない。乱読も良いが自分の直感で選んだ一冊の書籍との出会いが10冊の書籍との出会いに優ることもある。

 更には僕は一度読んだことのある本を何度も読み返す人間なので読み放題サービスを退会した後のことがどうしても気にかかる。退会したら当然それまで読み放題だった本は読めなくなる。再度読みたくなった時にその本が手元に無いのは少し不安だ。



 それで今日もキンドルで本を買った。読み放題サービスなら0円だが僕は500円払った。当たりだった。この本は何度か読み返すだろう。そもそもアマゾンにはレビューのシステムがあるので高評価の書籍を選べばそれほど失敗は起こらない。僕のような人間にとって読み放題サービスはしばらく不要だ。