遊びたいゲームがあるから最新のゲーム機を買おうと計画しているが他にも候補はある。体を鍛えるためにダンベルを購入する。英語を学びたいと思っているから英語の教材を購入する。というのも有力な候補だ。

ダンベルも英語の教材もゲーム機を買う値段からしたら微々たる物だから全て買い揃えても良い。ただし時間が無い。ゲームをするにも体を鍛えるにも英語を学ぶにも時間が必要となる。必要なのはお金だけでは無いから悩みは深くなる。

加齢により体の衰えが見えてくる年齢だから健康を保つためにも体を鍛えたいと思う。英語を話す事にはあまり関心は無いが英語を読めるようになれば読みたい本が沢山ある。翻訳では味わえない妙味を原文で味わえるのは大きな魅力だ。英語が苦手だと昔このブログに書いた記憶があるが20歳くらいの頃は英語圏の小学生程度が読む本なら辞書無しで読めたから全くの苦手という訳でも無い。自慢できる程の英語力も無いが多少の英語の基礎は今でも頭の中に残っているはずだ。英語を身につければ読書は真に一生の趣味となるだろう。そして1つ気になっている言葉もある。昔このような文章を読んだ。「外国語を知らない物は母国語を知らない」という文章だ。その言葉が今更ながら気になる。



僕は元々夜は簡単には眠れない性質の人間だ。お酒を飲まないで布団に横になってもすんなりとは眠れない。昼寝は比較的簡単に出来るが夜になると寝れなくなる。寝ようと思う時に寝れないのは自律神経が乱れているせいだろう。そういう訳で禁酒を宣言してからしばらく経つが未だに酒を断つには至っていない。酒量は減っているので努力はしている。飲酒せずとも寝られるよう体を少しずつ慣らしている。アルコールを飲む量が減り酒のあてを買う機会も減少したからお金が減りにくくなった。ただし眠れない。お酒を飲まないと眠れないというおかしな状況になる前にお酒との縁を切るべきだった。自分をアルコール中毒だとは思っていないが一歩手前なのだろう。



僕の住んでいるドヤは部屋の狭さに目を瞑ればまるでホテルのように快適な生活を送る事が出来る。ドヤの廊下・洗面所・お手洗い・浴室は日曜を除く毎日掃除されている。洗面所に設置されたゴミ箱に室内のゴミを入れておけば日曜以外は毎日回収してゴミ収集の日に出してくれる。寒い中わざわざ屋外にゴミ袋を持って行く必要が無いのが大変ありがたい。

掃除の人もゴミ捨ての人も毎日外からやって来る。ゴミ捨ては還暦近いお爺さんがしてくれる。掃除は平日は40くらいの男性で土曜日だけドヤの運営会社のおばちゃん? お姉さん? が来る。

先日掃除中の男性に出くわした。腰を曲げて洗面台に覆い被さるようにして洗面所を磨いていた。汚れを落として綺麗にしようという思いが姿勢に表れている。僕の住んでいるドヤは10階建てだ。毎日全ての階の廊下と洗面所とお手洗いを掃除するのだからかなりの重労働だろう。
 
備品も毎日補充される。
20230123_234701078
手洗い用の石鹸液。
20230123_234710962
トイレクリーナー。

僕も寿町に引っ越して来た当初に掃除の仕事をした時期がある。楽な仕事のように思えるかも知れないがモップで床を拭くのもスポンジで洗面台を洗うのも1日に何時間もするのだから結構な労働量になる。力を入れて磨かないと落ちない汚れも多い。毎日綺麗になっているという事はそれだけ真剣に掃除してくれているという証拠だ。年明けから半月が経つから僕もそろそろ部屋の掃除をしないといけないがもしかしたら来月になるまで掃除をしないかも知れない。



寿町を散歩していると映画会の貼り紙を見つけた。
20230124_134858141
既に162回目の上映となるようだ。