メダカの飼育を始めたい。部屋の中に水槽を置く余裕は無いがベランダなら余裕がある。ベランダでメダカの飼育を始めるためのテストを行う。

飼育容器はこちらを使う。
20230825_111758179
プラスチック製の入れ物だ。100均で購入して長らく小物入れとして活躍していた。最大で7リットル程度の水が入る。メダカ一匹に付き1リットルの水が必要とされているから7匹まで飼育可能だ。金魚とメダカどちらを飼育するか最初は迷ったが金魚の場合はもう少し大きな容器が必要となる。部屋もベランダも狭いため選択肢は無かった。

プラ容器の他にも安価な物だと発砲スチロール箱や穴を塞いだプランターが飼育容器として使用出来るそうだ。とりあえずは自宅にある容器を使って様子を見る。

底の深い容器よりも浅くて広い容器の方がメダカの飼育に適しているようだから今回使うプラ容器はうってつけだろう。(ただしメダカが冬眠する冬場は水が全て凍ってしまう可能性があるため水深の深い容器か普段よりも容器に多めに水を入れた方が良いそうだ)水面を広く取れる容器なら空気を作る機械も必要無い。メダカは水流に弱いから空気を作る機械は使わない方が良いと書いてある書籍もあった。

早速5リットルの水を入れた。最大まで水を入れると雨で増水した際にメダカが容器の外に流れる可能性がある。5リットルの水で3匹から5匹くらいを飼育するのが現実的だろう。
20230825_124126412
本日は夏場の炎天下に長時間設置した際に水と容器の温度がどれくらいになるのかを調べる。これまでの人生でメダカの飼育はおろか魚の飼育すら経験は無い。自分の手で命のお世話をするのだから不安点は事前に確認しておきたい。あまりにも水中の温度が上がるようならば何か対策を講じねばなるまい。

10時に開始して12時半と15時に水の温度とプラ容器の温度を調べた。設置している間は常に直射日光に当たっていた。(水温計を持っていないので手で触るだけ)最初に容器に入れたのは冷たいお水だったが12時半には少しぬるくなっていた。15時に触ってもぬるいままだ。恐らく25度から30度近くの水温だと思う。容器にいたっては全く熱を持っていない。メダカ飼育の適温は25度から28度で最高38度まで耐えられるそうなので問題は無さそうだ。

日向でもそれほど熱くならないのだから日陰での飼育なら更に安全だろう。水草を用意して水中に影も作ってあげればメダカにとって居心地の良い環境が出来上がるに違いない。

発見もあった。水中に細かな空気の泡が発生している。
20230825_142407813
と言う事は空気もちゃんとあるという事だ。空気不足の心配もいらない。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村