我が家では5匹の成魚メダカと5匹の稚魚メダカを飼育している。成魚メダカの内訳は大型が1匹(青色)中型が2匹(どちらも赤色)小型も2匹(青色と灰色)だ。

この5匹は我が家に来てからずっと皆仲良く同じ水槽で暮らしていた。ところが最近になって問題が発生した。赤い2匹のメダカが自分より体の小さな青色メダカと灰色メダカを追いかけ回していじめるようになってしまった。

追いかけっこをして仲良く遊んでいるのかと最初は思った。だが追いかけられているメダカは明らかに普段の泳ぎとは違う。水槽にぶつかるかと心配になるくらいの勢いで逃げていく。本気で赤色メダカから逃走している。赤色メダカ達は追いかけ回すだけでなく頭突き? 噛み付き? のような事もする。

別の飼育容器に赤色メダカ2匹を隔離した。
20230929_163847932~2
体の大きなメダカはいじめないくせに自分より体の小さいメダカはいじめる。赤色メダカは嫌な奴達だ。一気にかわいくなくなった。何でこんな奴らに餌を与えないといけないのか疑問に思う。

今後は赤色を除いた3匹の成魚メダカと5匹の稚魚メダカを重点的に育てていく。赤色メダカに与える餌の量を制限すれば体も小さくなっていずれはまた元通りの水槽に戻してもいじめをしないようになるだろうか。もしくはいじめられていたメダカの方が体が大きくなって力関係も入れ替わり赤色メダカがいじめられる結果になるかもしれない。その場合は自業自得だ。皆仲良しのメダカの学校だと思っていたのに不良が弱い者いじめをするようになってしまった。僕はいつだって弱い者の味方をするつもりだ。

メダカ達の間でいじめが発生する主な要因をネットで調べた。考えられる原因は複数ある。まずは水槽の大きさが不十分で縄張り争いをしている可能性がある。もしくはメスの奪い合いをしている可能性もある。そしてメダカ同士の大きさや種類が異なる場合にいじめが起きやすい。今使用している水槽の大きさは5匹程度の飼育には充分な大きさだ。今回のいじめに最も関係が深そうなのはメダカ同士の大きさや種類が違う点だろう。小さいメダカ達の体が成長して皆同じ大きさになればいずれはまた仲良く一緒の水槽で泳いでくれるだろうか。「喧嘩をするほど仲が良い」はメダカの社会でも通用する言葉であれば嬉しい。

それにしてもメダカの飼育を始めてからまだ1ヶ月だというのに出産をして稚魚が産まれたり今回のいじめだったりと色々と僕の想定しない出来事が起きている。生き物を飼育する難しさを改めて感じている。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村