水槽のコケ取り役として高名なミナミヌマエビさん10匹を我が家に迎え入れた。我が家の水槽は栄養状態が良いのかコケが次から次へと発生して手を焼いている。

ミナミヌマエビさんは水槽内に発生したコケを食べて勝手に生きていく。餌を与える必要は無い。コケやメダカ達の食べ残しで生きるからほったらかしで飼育出来る。温厚な性格でメダカとの共生にはもってこいの生物だ。

寿命はメダカの半分程度の1年から2年ほどらしい。上手に育てれば子供も産まれる。世代を循環させて常に水槽内にミナミヌマエビさんが居る状態を作りたい。

10匹で税込み328円だった。
20230926_171240089
1匹あたり30円少しだ。とても安価なのも良い。

ただしミナミヌマエビさんにも良くない点がある。まずメダカほど可愛くない。この先愛情を持って飼育出来るかとても不安だ。

それに活発には動かない。メダカのように水面近くを泳ぐ事もない。いつでも水草の下に隠れてじっとしている。我が家にやって来たばかりの頃は死んでいるのか生きているのか分からないから指先でつついて生存確認をしていた。透明で目立ちにくいからちゃんと探さないと姿を見つけられないのもマイナスポイントだ。今はもうそういった生き物だと諦めている。そもそも透明な生き物に可愛い奴は居ない。
20231004_120305371~2
写真の中央にミナミヌマエビが居るのだが注意深く見ないと見つけられない。飼い主相手に24時間かくれんぼをしている状態なのでそりゃあ愛着は湧かない。

肝心のお掃除能力はどうだろうか? ミナミヌマエビ達が我が家に来てから1週間が経過した。やって来た当日の水槽のコケの様子はこちらだ。
20230926_161343843
1週間後の今日の様子はこちら。
20231004_120227319
コケは思ったほど減っていない。と言うか増えている。ミナミヌマエビがコケを食べる量よりもコケの生育が遥かに上回っている。目に見える効果を求めるならもっと数が必要になるようだ。

最初はミナミヌマエビさんと呼んでいたが今は呼び捨てにしている。この先愛情が湧いたりコケ取りに活躍して脚光を浴びる日がやって来るだろうか。

僕は来ないと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村