気になる駅が京急にある。横浜駅のお隣に存在する神奈川駅である。
Screenshot_20240520-065100~2
神奈川県の県名を冠した駅だが存在感はかなり薄い。僕自身何度か通過した事はあるが1度も降り立った事は無い。どんな駅であるのか全く知らない。

神奈川駅と言うくらいだから東京に例えれば東京の玄関口東京駅に相当する駅なのだろうか? 東京駅と言えばいつも多くの人たちでごった返し大規模な土産物売り場も併設している巨大な駅だ。僕の地元である京都の場合でも京都駅は京都の玄関口として機能しておりいつも観光客や大阪方面に向かう通勤客で混雑している。神奈川駅もそれらの駅と同じように神奈川の玄関口として機能しているのだろうか? 

路線図を再度見てみよう。
Screenshot_20240520-065100~2
横浜駅に多くの路線が乗り入れているのは当然ながら神奈川駅のお隣の京急東神奈川駅にもJRの2線が接続している。対する神奈川駅は京急の1路線のみである。あまり栄えてはいなさそうだ。とにかく神奈川駅に行ってみる。

予想は的中した。小さい。
20240522_115941570
土産物売り場も無いし賑わいも皆無である。平日の昼間の神奈川駅のホームでは5人が電車待ちをしているだけだった。神奈川県(当然横浜も含む)を代表する駅名の駅にしてはとても物悲しい印象を受ける。
20240522_115908413
改札も少ない。
20240522_120227513
駅舎から階段を降りた先にホームがある。
20240522_120327941
神奈川駅に停車する電車は普通電車のみだ。急行や快速は神奈川駅を素通りする。駅の脇には他社の線路も敷設されているが神奈川駅には接続していない。
20240522_120718770
駅の周囲にも特に見るべき物は無い。横浜駅から続く高層建築物の連なりがちょうど途絶える辺りに神奈川駅はある。田舎というほどでも無いが都会では無くなる狭間に存在する微妙な立地の駅だ。

カメラの向いている方向に横浜駅があるが高層ビル群に阻まれて姿は見えない。反対に僕が居る神奈川駅近くには高層ビルはあまり建っていない。
20240522_120506151
何故このような場所の小さな駅に神奈川駅なる大層な名前が付いているのだろうか? 答えは駅のすぐそばにあった。
20240522_120804909~2
神奈川宿歴史の道と書かれている看板が立っている。
20240522_120809898
どうやら現在の神奈川駅のある場所はかつて東海道五十三次の神奈川宿が存在した場所らしい。神奈川宿が宿場として機能していた時代には多くの旅人たちで賑わった場所だったようである。

しかし現在の横浜駅が1915年に開業して以来栄華は横浜駅に移ってしまった。横浜駅まで徒歩9分の好立地も仇となった。繁華街としても神奈川の玄関口としての機能も横浜駅に完全に奪われる結果となってしまった。わずか1キロの距離なので役割を分散させる必要も無かった。小田原のようにかつての宿場町として繁栄を残す場所もあるが神奈川宿の栄華は宿場の務めの終焉とともに消え去った。

神奈川駅の1日の平均乗降人員は4000人をわずかに超える程度でこの数字は京急線全72駅の中で最も少ないそうだ。(安針塚駅の方が少ない年もあるそうです)お隣の横浜駅の1日平均の乗降客数は約230万人なのでかなりの開きがある。現在の横浜駅周辺は幕末頃まで海だったそうである。埋め立てからまだ150年ほどしか経っていない。しかしその150年の間に神奈川宿は寂れて現在の横浜駅の繁栄がある。栄枯盛衰を感ぜずにはいられない。

神奈川県の名を冠した神奈川駅は神奈川の玄関口とは言えないとても小さな駅だったが歴史と伝統のある駅でもあった。