暑い。連日30度を超えている。溶けてしまいそうだ。

それでも僕の場合は屋内に避難したり水分を沢山飲めば何とか体調を崩さずに済む。心配なのはベランダで飼育しているメダカとミナミヌマエビである。
20240710_110140487
水温が30度を超えるようになれば彼らも体調を崩しやすくなる。夏の直射日光が当たれば30度なんてすぐである。不安だ。

飼育を始めたのは去年の8月の終わりだ。本格的な夏を迎えるのは今年が初めてだ。メダカとミナミヌマエビが夏を乗り切れるように今日は暑さ対策を施してみる。

ダイソーで日除けと窓枠に固定可能なフックを買って来た。
20240710_124708736~2
水槽の上を覆うように日除けを広げて日差しを遮ろうと思う。全く日光が届かないのも不健康だし水草も光合成出来ないが遮光率50%なら問題無いだろう。
20240710_132358047~2
早速フックを窓枠に付けてみる。これがかなり優秀だった。
20240710_125148288
ネジ式だからがっちりと固定出来る。1度固定すればびくともしない。
20240710_125601787
日除けを取り付けた。
20240710_130113662
お次は日除けの反対側も持ち上げて水槽の上に広げたい。のだが……。反対側はベランダのフチになっている。手すりも何も無い胸ほどの高さの無機質な壁だ。
20240710_174347858
手すりがあれば糸を巻いて固定出来るがこのタイプだとその方法は使えない。どうやって固定しようか?

悩んだ末シールで貼り付けるフックで固定した。本当は使いたくない方法だ。シールのフックだと雨に濡れて剥がれるかもしれない。別の固定方法があれば良いのだが良いアイデアは浮かばない。

フックが外れれば垂れ下がった日除けは水槽にジャボンだ。メダカもミナミヌマエビも相当驚くだろう。驚くだけなら良いのだがミナミヌマエビは驚いた拍子に跳ねる事がある。跳ねた方向が水槽の外なら確実にお陀仏だ。

なんだか見た目もだらしない。
20240710_130531452
日除けをカットして使えば多少見た目は良くなる。だがカットするとハトメが使えなくなる。
20240710_182744778
どうしたもんか。

まぁ一応日除けの屋根は出来た。直射日光から水槽を守っている。
20240710_130537647
メダカもミナミヌマエビも夏バテとは無縁に元気に過ごしてくれるはずだ。

今後改良の余地はある。